エアエクとは

増毛エクステ 【エアエク®】とは?

  • 段階的に
    増やすから
    仕上がり自然
  • 自分の髪の
    ような指通り

     
  • 増毛技術の
    進化形

     
  • 最高級の
    人工毛

     
 

薬剤や接着剤を使用しないから頭皮も安全

髪の毛1本1本につけていく増毛エクステの新技術!

beginner_image10.jpg


増毛エクステ【エアエク®】とは、お客様の1本の自毛に対して2本~4本のエアエク®ファイバー毛をエアエク®技術で結びつけていく技術です。2本~4本と少ない本数を装着していくため、結び目も目立つことなく、自然な仕上がりです。液剤や接着剤を使用しない為、頭皮も安全に保てます。

また、ファイバー毛は人毛より軽いので重さによる負荷が無く軽い仕上がりでふんわりとしたボリュームが再現できます。

技術も結び目が外れにくい特殊ループと専用ニードルで施術を進めていくので、短時間施術が可能になり、お客様と施術者への負担が軽減しています。

img_loop.png


トップのボリュームアップ

つむじが割れて地肌が見えていた後頭部。
増毛エクステで地肌が隠れてふんわり若々しくなりました。

img_sample_top.png

憧れの重めバング

ボリュームの少ない前髪や、短くなり過ぎた前髪がボリュームがアップすることによりメイクもファッションもより楽しめます。

img_sample_bangs.png


増毛エクステスクールJAEは
ただの増毛屋さんは作りません

カット・カラーパーマのような定番メニューに

コンプレックスの改善の為のボリュームアップ対策

今までの増毛の概念が薄毛をただ隠すが目的だった中、
エアエク®はヘアデザインの可能性を広げてくれる商品です。

これからの時代のヘアデザインには欠かせない技術の一つとJAEは考えております。

拘り抜いた商材 エアリーループ

エアリーループの特徴

①人毛を上回るツヤ感を実現した最高級ファイバー毛
②人毛より細く軽いため頭皮や毛髪への重さによる負担が無い
③耐熱×形状記憶だから1日中ふんわりとしたヘアスタイルのキープが可能。
④ヘアカラーやパーマ液の薬剤にも耐えることができる高い耐久性を実現

musubime.jpg

美容業界の働き方改革

美容業界の最も悩みどころである
人材育成・離職率
この事を考えると労働環境の改善は大きなテーマの一つです。

増毛エクステ エアエク®は、短時間×高単価で高い収益を出すことができ、スタッフの給与などの側面からでも労働環境の改善に繋がります。

また、お客様からも、「本当に喜んでもらえる」「ありがとう」の回数がとても多い技術だから、誰かに求められること・誰かに必要とされることでスタッフのモチベーションアップにも自然と繋がります。

安定的なリピート率・顧客定着率をUP

エアリーループは毛質がとてもいいので持続性も高いです。

正常な毛周期の自然脱毛で1か月で約1/3が抜けていくため技術自体に満足度が高いエアエク®は定期的なメンテナンスを希望されます。

通常で1か月半~2か月のサイクルで再来店されますので、リピート率が高まり顧客定着率が高まります。

ヘアケア関連メニュー×育毛商品等売り上げUP

増毛エクステ エアエク®を希望されるお客様は、
ヘアケアへの関心がとても高い傾向があります。

エアエク®では【育毛】【発毛】もお客様へ指導していくのできちんとした商品提案やケアメニューへ繋がるトークになってきます。

今までなかなか店販やプラスメニューへ繋がらなかった問題を解決に導き自然と売り上げアップへ繋がります。

エアエク®技術

増毛エクステ エアエク®の技術は、お客様の1本の自毛に対して2本~4本のエアエク®人工毛をエアエク®技術で結びつけていく技術です。

2本~4本と少ない本数をきめ細かく根元付近に結んでいく技術で、結び目も目立つことなく、自然な仕上がりです。

また接着剤なども一切使用しないので、技術も危険ではありません。
技術も結び目が外れにくい特殊ループと専用ニードルで進めていくので、短時間施術が可能になり、お客様と施術者への負担が軽減しています。

メディアも大注目!

beginner_image08.jpg

先日、エアエク®が新聞にも取り上げられました!

beginner_image09.jpg

参入のタイミングが明暗を分ける

今後エアエク®サロン自体は、しばらく出店増加の傾向が続くでしょう。
なので、まだ競合が少ない今、まさに参入チャンスではないでしょうか?

サロンが飽和状態になる前に参入し、新規客を獲得して、常連客まで育てていく。

固定客の確保に成功すれば、先行者としての利益も大きいですし、ネームバリューも強くなります。

今後目まぐるしく変わっていく経済状況に対し、少子高齢化は確定し、ますます進んでいます。
サロンの存続について改めて考える日が本日なのかもしれません。
 

ヘアケア産業は
チャンスの宝庫


bn_document4.jpg